関連イベント

場所:岩田屋本店 本館5階=特設会場
期間:5月2日(水)〜6日(日) ※すべて入場無料

5/2(水)午後6時〜

常盤 響
「アナログレコードのひそかな愉しみ」

常盤響が関わったジャケットアートを振り返りつつ、変形ジャケットなどのアイデアにあふれたものなど、アナログレコードならではの愉しみ方について語ります。

5/3(木・祝)午後3時〜

ピーター・バラカン出前DJ
(協力:エルプ)
「The Well-Dressed LP」
〜"いい音"聴こえる LPジャケット〜

ラジオを中心に良質な音楽を紹介しているピーター・バラカンが選んだ優れたジャケットの名盤を、素晴らしいサウンドシステムで聴きながら楽しむ音楽講座。

5/4(金・祝)午後3時〜

小西康陽×常盤 響
「誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいレコードのすべてについて教えましょう」

レコード収集家としても知られる二人が、それぞれ好きなレコードジャケットについて語る、音楽とおしゃべりの楽しいひととき。

5/5(土・祝)午後3時〜

ブルー・ペパーズ 福田直木
「AOR 日本盤の帯の世界」

かつて洋楽シーンを席巻したAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)を現代に蘇らせるユニット、「ブルー・ペパーズ」の福田直木が、AOR日本盤LPの帯の文章の濃すぎて深すぎる世界へとご招待。

5/6(日)午後3時〜

鋤田正義(MC:深町健二郎)
「SUKITA COVER WORKS」

デヴィッド・ボウイ、イギーポップ、YMOなど、数々の名盤のジャケット写真を担当してきた世界的な写真家、鋤田正義がその制作秘話を語る。

©Sukita ©1977/1997 Risky Folio,Inc.
Courtesy of The David Bowie Archive™

※本店 本館7階=特設会場でも常盤 響によるDJタイムやギャラリーツアーなど、期間中日替わりでイベントを開催します。

HMV record shop

5月2日(水)〜7日(月)
HMV Record Shopが
本店 本館5階=特設会場に期間限定出店

岩田屋本店 本館1階東側玄関前=きらめき広場に
話題のTechnics Sound Trailerが登場!
Technics Presents
〜This is the journey into sound〜
展示期間:4月28日(土)〜30日(月・振休)
午前11時〜午後5時
音楽を愛する人にこそ、知っていただきたい感動体験があります。 Technics Sound Trailer(テクニクスサウンドトレーラー)は、そんな想いからテクニクスがつくった移動式の試聴ルームです。
(1回10分程度 当日受付制)
※同時に本館5階=特設会場にてテクニクス試聴コーナーも開設。テクニクスがCorneliusと作ったオーディオチェック用のアナログレコード「Technics Audio Check Track」が試聴できます。
監修者 (レコードコレクション提供及びレコードセレクト)
常盤 響 (ときわひびき) プロフィール
1966年東京生まれ。現在は糸島市在住。80年代半ばからDJやバンド活動の傍ら雑誌を中心にライター、イラストレーターとして活動を開始。90年代に入りCDジャケットや本の装丁を中心にデザインと写真撮影を始める。またレコード収集家としても知られ、アナログレコードのみを使用するラジオ番組、LOVE FM「常盤響のニューレコード」を担当している。
著作:「Sloppy Girls」(新潮社)、「GirFriends」(小学館)、小西康陽との共著「いつもレコードのことばかり考えている人のために。」(アスキー)ほか
<お問合せ>
代表電話:092-721-1111
(営業時間:午前10時〜午後8時)